「聖徳太子」を「厩戸王」に変えないで! 文科省に意見を送ろう!

「聖徳太子」を「厩戸王」に変えないで!
新指導要領に関する文科省のパブコメに意見を!
聖徳太子を厩戸王に変えないで
文科省の次期学習指導要領には、「聖徳太子」の呼称を「厩戸王(うまやどのおう)」に置き換えるという案が含まれています。「聖徳」という美称を捨て去り、「厩」などの卑近な漢字を使わせることで、聖徳太子の崇高なイメージを低俗化させたいという一部の人間の意図がそこには見え隠れしています。
聖徳太子が隋の皇帝煬帝に当てた手紙「日出ずる処の天子、日没する処の天子に書を致す。つつがなきや」は隋という強大な国を相手に、堂々と日本の対等な国際的地位を主張したもの。聖徳太子は日本国家自立の精神的よろどころであるからこそ、このような尊称で呼ばれているのです。
それなのに「聖徳太子の呼称は死後のもので、生前はそう呼ばれていなかった」という理由で、「聖徳太子」という呼称が抹殺されようとしています。しかし、死後に付けられた名は使えない、となれば、「明治天皇」「昭和天皇」などの呼称もすべて使えないことになってしまいます。当時の呼び方こそが正しいのであれば、太平洋戦争も大東亜戦争と呼ぶべきでしょう。これは、日本国の弱体化を狙う勢力による、日本人の心から独立自尊の誇りを奪い去るための策略としか思えません。
この件に対して、文科省は3/15まで、国民の意見をパブリック・コメントとして募集しています。「聖徳太子の呼称を厩戸の王に変えないで」という1人でも多くの意見を文科省に届けましょう。
◆パブリック・コメント(意見募集)の詳細
学校教育法施行規則の一部を改正する省令案並びに幼稚園教育要領案、小学校学習指導要領案及び中学校学習指導要領案に対する意見公募手続(パブリック・コメント)の実施について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000878&Mode=0
◆参考資料
聖徳太子は実在した
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku249.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です